Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

カエル 両生類と水辺の生き物

科学のアルバム・かがやくいのち (7)

カエル 両生類と水辺の生き物

関慎太郎 著・写真/福山欣司 監修

  • 定価2,750円 (本体2,500円+税) 小学校低学年以上
  • A4変形判/64ページ/ISBN978-4-251-06707-4/C8345/NDC487
  • 初版:2011年3月

卵〜幼生の時代は水中で、成長しおとなになるとからだのつくりをおおきく変えて陸上へあがるカエル。陸上へあがったも泳ぐのも得意です。そんなカエルたちは田んぼなど人間のすぐ近くで暮らし、環境の変化に大きな影響を受ける生き物でもあります。カエルたちの営みと環境とのかかわりをじっくり見つめて行きます。巻末にはカエルのたまごやおたまじゃくしの採集と飼育、からだのしくみ、図鑑などの資料ページがついています。

厚生労働省社会保障審議会推薦図書
全国学校図書館協議会選定基本図書
日本図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

現在、読者の声を募集しております。
この本を読んで感じたこと・思ったことなど、よろしければお聞かせ下さい。
みなさまの感想をお待ちしております。

お知らせ

選定図書

「科学のアルバム・かがやくいのち」が厚生労働省社会保障審議会推薦図書に選ばれました

身近な生き物をとりあげた「科学のアルバム・かがやくいのち」第1期〜第5期(1〜20巻)が、厚生労働省社会保障審議会推薦図書に選ばれました。(2014/10/3)