Twitter デジタル版日本出版百年史年表
あたらしい本

2021年1月発売の本のご紹介

みんなふつうで、みんなへん。

読書の時間 (5)

みんなふつうで、みんなへん。

  • 枡野浩一 文/内田かずひろ
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税)/小学校中学年から
  • A5変型判/95ページ/ISBN978-4-251-04475-4

ボウルをボールとまちがえる中田くん、ネコはオスしかウンチしないと思っていた室井さん、「抽選」の意味を知らずに懸賞のおもちゃを待つ藤田くん、電車の数え方が「円」に変わったと思っている村川くん…。それぞれが、へんな思い込みやかんちがいをしているけれど、みんなふつう。小学校3年1組の児童一人一人が出合う、ささやかな出来事を挿絵たっぷりで楽しく描く。エピソードの見出しは、短歌になっています。

  • カートにいれる
月と星座大事典

単行本

月と星座大事典

  • 縣秀彦 監修
  • 定価5,500円 (本体5,000円+税)/小学校中学年から
  • A4判/144ページ/ISBN978-4-251-08292-3

月の大きさといった基本的な情報はもちろん、理解が難しい「月の満ち欠け」についてや、不思議な「日食・月食」のしくみ、月を観察するときのポイントまで、ビジュアルを使って具体的に解説します。星座の探し方についても、季節ごとに写真を使ってわかりやすく紹介。星座の神話や、理解の助けになるサイトの紹介、興味を広げるコラム、「やってみようコーナー」も充実。ビジュアル大事典の決定版です。

  • カートにいれる
  • 予約受付
  • 2021年1月中旬発売予定
国語で使える!グラフや表を用いて書こう

単行本

国語で使える!グラフや表を用いて書こう

  • 青山由紀 監修
  • 定価4,400円 (本体4,000円+税)/小学校高学年から
  • A4判/96ページ/ISBN978-4-251-09551-0

2020年度の光村教育図書、小5国語の教科書に掲載されている単元、「日本の固有種」で役立つ一冊。授業では図書館での調べ学習が推奨されており、グラフや表を用いてレポートをまとめる指導計画が提案されている。本書では、二人の登場人物への手引きを通じて、グラフや表の読解だけでなく、特に児童が苦手とするデータの解釈を懇切丁寧に説明し、情報の検索や、レポートのまとめ方もこの一冊で自然と身につくようにした。

  • カートにいれる
  • 予約受付
  • 2021年1月中旬発売予定