Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

奪われた予言書

妖怪道中三国志 (1)

奪われた予言書

三田村信行 作/十々夜

  • 定価1,320円 (本体1,200円+税) 小学校4年生以上
  • A5変型判/161ページ/ISBN978-4-251-04521-8/C8393/NDC913
  • 初版:2015年11月

江戸から未来へ戻った蒼一、夏実、信夫は、新たなトラブルに見舞われます。それは、信夫のおじいちゃん・佐川博士の発見した予言書「幻書三国志」が妖怪に奪われてしまったこと。三国時代からやってきた妖怪は、予言書を使って「赤壁の戦い」を起こらないようにしようとしています。歴史を守るため、蒼一、夏実は三国時代へ。そこで出会ったのは孔明と張飛!読み出したら止まらない痛快妖怪ストーリー、待望の新展開スタートです!

全国学校図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

現在、読者の声を募集しております。
この本を読んで感じたこと・思ったことなど、よろしければお聞かせ下さい。
みなさまの感想をお待ちしております。