Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

夜の迷路で 妖怪パニック

妖怪道中膝栗毛 (5)

夜の迷路で 妖怪パニック

三田村信行 作/十々夜

  • 定価1,320円 (本体1,200円+税) 小学校4年生以上
  • A5変型判/161ページ/ISBN978-4-251-04515-7/C8393/NDC913
  • 初版:2013年5月

大妖怪を追って江戸時代を旅する蒼太、お夏、信助は大河原博士と合流。お夏は「ダイダラボウの島」で人質になることに…。ダイダラボウの封印を解くためお札を伊勢神宮に奉納することになった蒼太たちだが、なんとお札をすられてしまった!犯人は「お札なめ」という妖怪。伊勢の遊郭「古市」の迷路のような小路で、妖怪を探し回る蒼太と信助。お札を取り返し、お夏に再会することができるのか…!?妖怪満載の痛快読み物!

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • 私がこの本を知ったのは学校の推せん図書のプリントからです。買って読んで見ると、「今より未来」という設定の中で主人公たちが妖怪とふれあうところがとてもおもしろかったです。知っていた妖怪や見たことない妖怪がたくさんでてきてこの本を読んでいると「私もこんな妖怪に会ってみたいな」と思いました。(11歳・女性・愛読者カードより)