Twitter デジタル版日本出版百年史年表
検索結果

7件がヒットしました。(1~7件を表示)

並べ替え: 表示件数:
おばあちゃんが いなくなっても…

絵本の単行本

おばあちゃんが いなくなっても…

大好きだったおばあちゃんが亡くなり悲しみに暮れる少女が、おばあちゃんの死を受け入れるまでを心に寄り添うように描く美しい絵本!

  • カートにいれる
忘れても好きだよ おばあちゃん!

あかね・新えほんシリーズ (29)

忘れても好きだよ おばあちゃん!

おばあちゃんはアルツハイマー病です。でも私はそんなおばあちゃんが大好き! おばあちゃんをあたたかく支える家族のお話です。

  • カートにいれる
わたしたち手で話します

あかね・新えほんシリーズ (27)

わたしたち手で話します

耳の不自由なリーザが広場にいると、子どもたちが声をかけてきますが、リーザにはわかりません。そこへ男の子があらわれ、手話で伝えてくれました。

  • カートにいれる
友だちになろうよ、バウマンおじさん

あかね・新読み物シリーズ (22)

友だちになろうよ、バウマンおじさん

11月の寒い日の朝、ヤンは大きな袋につまずき転んでしまう。袋の中には髪もひげも伸び放題の男がいた…。少年とホームレスとの交流を描いた心あたたまる物語。

  • 品切
見えなくてもだいじょうぶ?

あかね・新えほんシリーズ (22)

見えなくてもだいじょうぶ?

迷子になってしまったカーラに声をかけてくれたのは、何と目の不自由なマチアス。カーラの両親をさがしてくれるというのですが…。

  • カートにいれる
わたしの足は車いす

あかね・新えほんシリーズ (19)

わたしの足は車いす

車いすで生活しているアンナは、初めて一人でお使いに行くが、出会うのは同情と好奇心の眼差しと無視ばかり。障害者理解が一層深まる絵本。2004年オーストリア児童文学賞受賞作。

  • カートにいれる
マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね

あかね・新えほんシリーズ (1)

マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね

気弱なマルチンが、妖精からもらった「まほうのたね」で、自分のにがてな、おねえさんや先生、近所のワルガキたちに立ち向かいます。

  • 品切