Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

おすしで げんき!

わくわく幼年どうわ (24)

おすしで げんき!

つちだよしはる 作・絵

  • 定価990円 (本体900円+税) 小学校低学年以上
  • A5判/77ページ/ISBN978-4-251-04034-3/C8393/NDC913
  • 初版:2008年4月

きつねくん、たぬきくんたちは、みんなで田うえをしました。くまくんのお父さんは、「ごちそうを釣ってくる」と海に出かけ、大きな魚を釣てきました。きつねくんは、おばあちゃんに料理を頼みました。おばあちゃんは、お魚をお刺身にし、ほかほかご飯をたくと、のりまきやにぎり、ばらずしなど、いろいろなおすしを作ってくれました。みんなは、おすしをたくさん食べて、元気もりもりです! おいしいおすしが満載の幼年童話です。

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • おすしがかわいかった。わたしもつくってみたいな。(6歳・女性・愛読者カードより)
  • 娘は、つちだよしはるさんの本が大好きです!!(特に、作絵ともつちださんのもの。)読み終わると、なんだか優しくてあたたかい気持ちになりますよね。娘は、絵を見ておすしが食べたくなったようです。(25歳・愛読者カードより)
  • またまたかわいく、楽しく読ませていただきました。今回は、おすし作りを体験したキツネちゃんでした。私も、おすしは大好きですが、家で作る……となると、むずかしいんですよね。そう言えば、他界してしまいましたが、私の父が、このお話にも出て来ましたが、巻きずし作りがうまかった事を思い出しました。太巻き、細巻き問わず、本当に上手だったんです。そんな思い出をお話を読みながら、思い出しました。おすしと言えばにぎりずしも出て来ましたが、今は、いろんなにぎりずしがありますね。でも、わたしは、お話の中に出て来たお魚(たぶん真だいだと思うのですが?)のにぎり、食べたくなってしまいました。いろんなおすしを作って、キツネちゃん達、楽しかったでしょうね。私も楽しくて、またおいしく(?)読ませていただきました。キツネちゃんとお友達の皆さん、ごちそうさまでした!(45歳・女性・愛読者カードより)