Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

うさぎのしるし

えほん、よんで! (13)

うさぎのしるし

ひだきょうこ

  • 定価1,100円 (本体1,000円+税) 2歳から
  • B5変型判/28ページ/ISBN978-4-251-03983-5/C8393/NDC913
  • 初版:2006年7月

ひよちゃんは、にんじんが苦手な女の子。だから、庭のにんじん畑にうさぎがやってきて、にんじんを持っていっても、おかあさんにはひみつにしているのです。ある日、ひよちゃんにうさぎのパーティーの招待状が届きました。そこには「うさぎの しるしを みっつ みせること」と書いてあります。でも、うさぎのしるしって、なんでしょう? そして、うさぎのパーティーって、どんなパーティーなのでしょう?

  • 品切

読者の声

感想を書く

  • 絵もステキ、お話もステキ、大好きな1冊になりそうです。(48歳・女性・愛読者カードより)
  • とっても読みやすい本でした。毎日、眠る前に3歳の息子に本を読んであげるんですが、初めて読む時、子供と一緒に「うさぎのしるしって、何だろうね?」と話して、私まで早くそのひみつが知りたくて知りたくて、ワクワクしながら読んでいました。絵もかわいかったです。子供は読んだ後、裏に付いてあるこの本のシリーズみたいなのを読むのも好きで、読んであげるんですけれど、そこに書いてある本、全部読みたくなってきました。 今度、本屋に行って捜すつもりです。 子供もとっても面白がっていました。(30歳・女性・愛読者カードより)