Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

魔女リンゴあめ屋

百怪寺・夜店シリーズ (4)

魔女リンゴあめ屋

越水利江子 作/篠崎三朗

  • 定価1,100円 (本体1,000円+税) 小学校中学年以上
  • A5判/77ページ/ISBN978-4-251-03944-6/C8393/NDC913
  • 初版:2005年7月

葉子がひとりで夜店にくると、魔女リンゴあめ屋のおばあさんが、うたうようによびかけていた。葉子がリンゴあめを買って食べていると、たっぺいに会った。しかし、なぜかたっぺいは葉子を見ても知らない顔をした。なぜ? 怪しい夜のちょっと怖いお話。

  • 品切

読者の声

感想を書く

  • リンゴあめは一口食べると一年、としをとるのにいちごあめを一つぶ食べると十年も若がえるなんてすごいイチゴあめだなあと思いました! しかもリンゴあめを食べるとせまでのびちゃうなんて!! このお話おもしろかったです。百怪寺・夜店シリーズもっと出して下さいね!! がんばって下さい。(9歳・女性・愛読者カードより)