Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

とうさんとうさんいかがなものか?

絵本の単行本

とうさんとうさんいかがなものか?

穂高順也 作/西村敏雄

  • 定価1,320円 (本体1,200円+税) 幼児から
  • B5判/32ページ/ISBN978-4-251-09847-4/C8793/NDC913
  • 初版:2010年11月

八百屋と花屋と石屋の父さんたちはみんな仲良し。ある日、八百屋のなっぱと石屋の石が花屋の娘を「およめにほしいがいかがなものか?」と言いだした。八百屋と石屋の父さんは、なっぱも石も息子と同じと花屋へ乗りこむ。ところが、花屋の父さんは、娘は町のヒロイン、なっぱや石ではつり合わないと怒りだす……。絵本作家の穂高順也がおくる、ゆかいな父さんたちのお話を、人気画家の西村敏雄が味のあるタッチで個性豊かに描く!

日本図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

現在、読者の声を募集しております。
この本を読んで感じたこと・思ったことなど、よろしければお聞かせ下さい。
みなさまの感想をお待ちしております。