Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

悪魔の十三階段

怪異伝説ダレカラキイタ? (13)

悪魔の十三階段

加藤 一 作/岩清水さやか

  • 定価880円 (本体800円+税) 小学校中学年以上
  • 四六判/158ページ/ISBN978-4-251-04453-2/C8393/NDC913
  • 初版:2015年5月

不思議な体験やおそろしい現象に出あった人たちの話を集めて紹介する怪談作家が、創作でこどもたちをふるえあがらせるシリーズ第13弾。学年別に章立てし、その時代の児童たちが巻き込まれる話を収録。学年が上がるごとに、こわさの度合いもふくらんでいく。読者は、知らないうちに恐怖の階段をのぼっていくのだ。一話完結の短い話がたっぷり。また、入学から卒業までつながっていて、長い話として楽しめるものも収録している。

全国学校図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • ぼくはこの本のシリーズがすごく大好きです。この本でおもしろかったところは、「公園を利用するみなさまへ」です。(10歳・男性・愛読者カードより)
  • 加藤さん『悪魔の十三階段』おもしろかったです。あと、岩清水さやかさん、すてきなさし絵でした。(11歳・男性・愛読者カードより)
  • どれも怖くて不思議で続きはどうなったのかが気になりました! 特に、「六年生の怪談」の章と「四年生の怪談」の「ろろるう ろろるう」が、ゾッとしました。「ろろるう」とは、どういう意味か、結末を読んでピンときました。まさか、あの文字だったとは。それと、私、岩清水さやか先生の絵がすごく好きです。気になるところを書かなかったりするのがすごく上手で、その文の意味がこめられた絵がかけて「すごいなぁ」と私は思っています。(11歳・女性・愛読者カードより)