Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

なぞときおばけの話

10分、おばけどき (3)

なぞときおばけの話

村上健司 文/天野行雄

  • 定価990円 (本体900円+税) 小学校中学年から
  • A5判/128ページ/ISBN978-4-251-08503-0/C8393/NDC913
  • 初版:2016年2月

日本に伝わる本格的なおばけの話が1話10分で読めるシリーズの第3弾。道にあらわれる白い顔のおばけに書き方を見せると消える文字、夜中の通りにひびく声の謎、宿に泊まったお坊さんが犬をおそれたわけ、山小屋にあらわれた糸車を回す女の撃退法、おしょうさんが行方不明になる山寺の秘密など、話の主人公といっしょに謎解きをしながら楽しめるおばけの話が10本入り。それぞれお話の世界について知識が深められるコラムも掲載。

全国学校図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

現在、読者の声を募集しております。
この本を読んで感じたこと・思ったことなど、よろしければお聞かせ下さい。
みなさまの感想をお待ちしております。