Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

こんにちはアグネス先生 アラスカの小さな学校で

あかね・ブックライブラリー (11)

こんにちはアグネス先生 アラスカの小さな学校で

K・ヒル 作/宮木陽子 訳/朝倉めぐみ

  • 定価1,404円 (本体1,300円+税) 小学校高学年以上
  • A5変型判/142ページ/ISBN978-4-251-04191-3/C8397/NDC933
  • 初版:2005年6月

先住民が暮らすアラスカの小さな村に、新しい先生が赴任してきた。名前はアグネス先生。自然環境の厳しいこの土地で、一年以上続いた先生はまだ一人もいない。十歳の主人公フレッドは、新しい先生のことを心配しつつ、興味津々。十二人の生徒一人ひとりにとって、忘れることのできない日々が始まった……。

第52回青少年読書感想文全国コンクール課題図書
全国学校図書館協議会選定基本図書
日本図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • この本は、とってもわかりやすかったし、心がこもっていてとってもいい本でした。(11歳・女性・愛読者カードより)
  • まさにアラスカ版24の瞳! 成績、順位、点数といったものに振りまわされる今日…。P81最後の「学校は子どものためだけにあるのではない。人は生涯、勉強を続けなくてはいけない。(中略)勉強というのは学校に行っているあいだに、急いでなんでもかんでも学ばなくてはいけないというものではないんだ。ゆったりとした気持ちで時間をかけてもいい。勉強は楽しむものなんだ」の文に教育の原点を再認識させられました。私もまだまだこれから! 勉強することはたくさんあります。(41歳・女性・愛読者カードより)