Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

つるのおんがえし

日本の昔話えほん (8)

つるのおんがえし

山下明生 文/吉田尚令

  • 定価1,100円 (本体1,000円+税) 幼児から
  • B5判/32ページ/ISBN978-4-251-01158-9/C8793/NDC913
  • 初版:2010年10月

原型は中国の唐の時代から語りつがれてきた昔話を、児童文学者の山下明生が再話。鶴を助けた男とその母親の家に女が訪れ、幸せを得るものの、約束を破ることで終わりを迎える物語としました。なぜ女はなぜやってきたのか、どうして男は女の正体をのぞいたのかなど、すべてが明快に進みます。挿絵は気鋭の画家、吉田尚令が担当。幸福をもたらす愛らしい鶴女房に命を吹き込んでいます。ラストの鶴が去るシーンは美しく余韻を残します。

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • 初めて、しっかりと「つるのおんがえし」を読みました。なぜか泣けてきてしまいました。これからも、昔話を読まなくては、と感じました。(愛読者カードより)
  • 悲しいお話だったけど絵がすてきでした。仲間たちと帰ったつるがしあわせになってほしいです。(10歳・男性・愛読者カードより)