Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

うらしまたろう

日本の昔話えほん (6)

うらしまたろう

山下明生 文/町田尚子

  • 定価1,100円 (本体1,000円+税) 幼児から
  • B5判/32ページ/ISBN978-4-251-01156-5/C8793/NDC913
  • 初版:2010年5月

浦島太郎は船で現れた乙姫に誘われて竜宮へ。楽しい日々に、時を忘れていく浦島が、四季をめぐる部屋を目にし……。「古事記」の時代から語りつがれる昔話を、山下明生先生が流されていく若者の物語として再話。太郎を迎えにいく乙姫や、浦島が玉手箱を開けて歳を取ってからの結末が描かれ、余韻の残る物語となっています。町田尚子先生は、幻想的な物語を哀しく美しく描いています。中でも、竜宮での四季のシーンは印象的です。

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

現在、読者の声を募集しております。
この本を読んで感じたこと・思ったことなど、よろしければお聞かせ下さい。
みなさまの感想をお待ちしております。