Twitter わかったさん公式twitter こまったさん公式twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

すずりくん 書道具のおはなし

絵本の単行本

すずりくん 書道具のおはなし

青栁貴史 作/中川学

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税) 小学校中学年から
  • A4判/34ページ/ISBN978-4-251-09945-7/C8793/NDC913
  • 初版:2021年8月

書道具セットを手にしたこどもたちの前にあらわれたのは、筆墨硯紙、文房四宝と呼ばれる4つの道具の精霊です。手をかけて作られ、古来より宝物とされてきたと誇る道具たちをつうじて、文字のなりたちや道具の歴史、アナログの道具だからこそうまれるゆとりや思いやり、書く喜びを親しみやすく描きます。表現の楽しさと言葉に心をこめる喜びを伝え、現代に輝く毛筆文化の価値を示した一冊です。

全国学校図書館協議会選定図書

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • 子供達には字を美しく書くためには道具を大切にすることや、その道具を作ってくださった方がいる、感謝の気持ちを持ってもらいたいと思います。書道のお教室に1冊置いて親子で読んでもらいたい本です。(女性・愛読者カードより)
  • 作者青柳さんの硯愛がよく現れていて、すてきだなと思いました。また、中川さんの描く絵もとてもほほえましいもので良かったです。書道を学んでいる人たちみんなに読んでほしいと思いました。大人が読んでも勉強になりました。(女性・愛読者カードより)
  • 小学校三年生から書写が始まりますが、書道具についてのお話は詳しくは教えていないと思います。
    小学校の読み聞かせで沢山の子供達に興味を特って頂ける様に使わせて頂きます。とても良い本です。(74歳・女性・愛読者カードより)