Twitter デジタル版日本出版百年史年表
本のくわしい内容

しんかんくん ようちえんにいく

あかね・新えほんシリーズ (37) / しんかんくんシリーズ

しんかんくん ようちえんにいく

のぶみ

  • 定価1,404円 (本体1,300円+税) 幼児から
  • A4判/31ページ/ISBN978-4-251-00957-9/C8393/NDC913
  • 初版:2008年2月

「しんかんくん」は、人間の男の子かんたろうと、とても仲良しです。いつも一緒にいたいのですが、かんたろうは毎朝ようちえんに行ってしまいます。しかも「しんかんくんは、まだ来ちゃだめ」なんていうのです。がまんできず、こっそりあとをつけたしんかんくんでしたが、道に迷ったり、見当違いの場所に行ってしまったり…はたして、無事にようちえんにたどりつけるかな? 作者が息子さんの入園を前に描いた、ドキドキ楽しい物語です!

  • カートにいれる

ご注文について

  • ネット書店で購入する

  • 店頭在庫を確認する

読者の声

感想を書く

  • 今春息子が幼稚園入園なのでとてもタイムリーな内容でした。しんかんくんは息子の大好きな絵本で「うちにくる」と「ようちえんにいく」を交代で寝る前に毎日読んでいます。最後のページにあったダンボール工作(明日引越するのでダンボールは沢山あります)をお父さんとするのを楽しみにしているようです。(37歳・女性・愛読者カードより)
  • 2歳半の息子はしんかんくんが大好きです。もちろん最初のしんかんくんも読みました。寝る前に必ず“しんかんくん!”とせがみます。たまにパパが寝かしつける時、パパも大きくてわかりやすくて“この本がいちばんイイヨ”と言っています。おかげ様でしんかんくんは私たちのアイドルです。絵の中のまわりの風景も、あきさせず、字も読めない、ことばの理解もままならない息子にとって、しんかんくんの本は夢のような世界なのだと思います。私たち家族全員で次回作をまっていますので、よろしくお願いします。そして、息子の一生の中に“思い出の本”を作ってくれてありがとうございました(42歳・女性・愛読者カードより)
  • 絵本に興味を持たなかった子供が、初めてちゃんと読みきかせを聞いてくれました。電車好きで、リアルなキャラが良かったようです。絵のはしばしに大人がくすっとできる隠れキャラやメッセージがあり、親子で楽しんでいます。(31歳・女性・愛読者カードより)
  • のぶみさんの本はとても気持ちがあたたかくなります。息子もしんかんくんをみると『ガタンゴトン』といってにっこりしてくれます。 よむだけではなく目と目で息子と会話ができる素敵なアイテムとなっています。(28歳・女性・愛読者カードより)