Twitter デジタル版日本出版百年史年表

本屋さんの国から 【第1回】2005/02/01更新

  • 営業部だより

担当さんあかね書房ベスト3

一休さん

寺村輝夫 文/ヒサクニヒコ 画

たくさんのおはなし

ひろかわさえこ さく・え

つみつみニャー

長新太 作・絵

東京都新宿区 紀伊國屋書店 新宿南口店

取材日:2004/12/15 第1回は、新宿駅南口から徒歩5分。高島屋タイムズスクエアに隣接するメガ書店に注目します。

≪ひとこと≫
当店の児童書コーナーは売り場も広く、通路も広くなっています。ベビーカーをお持ちでも充分お買い物頂くことが出来ます。
また、いつ来ても楽しんで頂けるようフェア(季節、イベント、作家、etc・・・)の充実に力を注いでいます。
お近くにお越しの際はぜひ、一度ご来店下さい。

児童書ご担当 長岡さん

本屋さん技あり!!

絵本の表紙をできるだけ見せるように陳列。
「お客様が興味をもつ最初のポイントは表紙、
たくさんの絵本表紙は、売り場自体も盛り上げてくれます。」

新刊コーナーでは、「悲しい本」(あかね書房)を広いスペースをとって紹介して頂いています。 担当長岡さんもオススメの1冊。 12月のフェアはなんといってもクリスマス。直径2メートル超の円形の棚2本を使って展開しています。 写真はもみの木のお話を集めたコーナーです。
拡大表示 拡大表示