Twitter デジタル版日本出版百年史年表
検索結果

75件がヒットしました。(1~10件を表示)

並べ替え: 表示件数:
こわいおばけの話

10分、おばけどき (2)

こわいおばけの話

  • 村上健司 文/天野行雄
  • 定価972円 (本体900円+税)/小学校中学年以上/ISBN978-4-251-08502-3

10分で1話、本格的なおばけの話が読めるシリーズ。山中にひそみ人間の肉を吸い取る肉吸いをはじめ、こわいおばけが10話楽しめる。

  • カートにいれる
わらえるおばけの話

10分、おばけどき (1)

わらえるおばけの話

  • 村上健司 文/天野行雄
  • 定価972円 (本体900円+税)/小学校中学年以上/ISBN978-4-251-08501-6

日本各地のおばけの話が1話10分で読めるシリーズ。山小屋をおそった大きな手、正体がばれたばけねこなど、わらえる10話入り。

  • カートにいれる
悪魔の十三階段

怪異伝説ダレカラキイタ? (13)

悪魔の十三階段

授業中に首をしめつける手、見つけてはいけない地下職員室、教室の窓に「タ・ス・ケ・テ」の文字…。全学年の児童がふるえる恐怖の話。

  • カートにいれる
ばけねこ ぞろぞろ

絵本の単行本

ばけねこ ぞろぞろ

  • 石黒亜矢子
  • 定価1,512円 (本体1,400円+税)/幼児から/ISBN978-4-251-09883-2

真夜中におこされたおれの前に、家ねこのトンが二本足で立っていた。トンは化け猫だったのだ。かわいい妖怪ねこたちが大行進する絵本。

  • カートにいれる
学校の心霊

怪異伝説ダレカラキイタ? (12)

学校の心霊

こわした骨格標本の弁償方法、授業のじゃまをきらう白く長い腕、紫の女がほしがる血…。ぼくらと学校のこわい話がたっぷりの一冊。

  • カートにいれる
おばけかいぞく

おばけのポーちゃん (2)

おばけかいぞく

ポーちゃんは、こわがり。宝の地図を見つけ、舟で出発! ところがこわ〜い海のおばけが現れ…? こわくてこわくない、楽しいシリーズ!

  • カートにいれる
妖怪探検かるた

単行本

妖怪探検かるた

  • 村上健司 監修・文/天野行雄
  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)/小学校低学年以上/ISBN978-4-251-00463-5

遊びながら妖怪の知識が身につくかるた。47都道府県で伝承の残る代表的な妖怪を一種ずつ選び、全国から探すように楽しめる。

  • カートにいれる
テーマパークの黒髪人形

ナツカのおばけ事件簿 (13)

テーマパークの黒髪人形

おばけたいじ屋のナツカとパパは、テーマパークに出る日本人形を調査。判明した意外な真実にナツカは…!?

  • カートにいれる
ようかいガマとの おエドでうちゅうじん

絵本の単行本

ようかいガマとの おエドでうちゅうじん

江戸時代のガマとのが宇宙人の父子と出会った。二人を星に帰すため、江戸の街で、城で大活躍。ガマとのの秘密もわかるシリーズ第3弾。

  • カートにいれる
教室の七不思議

怪異伝説ダレカラキイタ? (11)

教室の七不思議

悪口で追いかけてくる校長の像、なぞのかみ傷がある図書室の本、なめると背がのびる踊り場のクギ…。怪談+都市伝説シリーズ第11弾。

  • カートにいれる